大人ニキビ 化粧品

 

大人ニキビの化粧品選びで失敗しないために

大人ニキビは治りにくい

学生の頃はニキビ知らずの強い肌でした。化粧水なども何も考えておらず、適当につける感じでいてもまったく問題なしでした。今思うとそれは、若いということが大きかったのかもしれません。20代後半頃からポツポツニキビというのか、吹き出物というのかわかりませんが同じ箇所に繰り返し出来るようになってしまったのです。

 

主な箇所は、アゴと頬です。これまで女子としてはやってはいけない、メイクしたままで寝てしまうこともたびたびありましたし、w洗顔をしないこともあったのでそれが原因なのかと思っていました。それでもなかなか改善されず、脂っこいものも控えていたのですが、本当に治らず悩んでいました。当時、ドラックストアでパートをしていたので職場の登録販売員の方に相談してみたところ、ふき取り化粧水はどう?と提案され早速使用してみたところ、治りが早かったのでびっくりしました。

 

もしかすると汚れが落ちきっていなくて、皮脂腺に分泌物が詰まって炎症を起こしていたのかもといわれ、納得でした。 それからは、定期的にふき取り化粧水で肌を拭くようにしています。たまにニキビができてしまっても治りが早くなったので、良いことはこれからも試してみようと思いました。

 

 

ニキビができた時のベースメイク

ニキビができた時は、できるだけ目だなないようにしたいですよね。ファンデーションでカバーするのが一番ですが、アイテム選びが重要です。私はカバー力の高いファンデーションを使って、余計にニキビを悪化させてしまったことがあります。

 

その時使っていたのが、リキッドファンデーションでした。リキッドファンデは油分が多く、毛穴を埋めてしまうので、ニキビには良くないんですよね。パウダーファンデよりもカバー力があるから、これで目立たなくしよう!と考えたのが失敗でした。

 

ニキビをカバーするには、ファンデーションではなく、下地の段階で行うのが効果的です。

 

まず、ニキビやニキビ跡の色ムラをカバーしてくれるのが、コントロールカラー。赤み消しには黄色が効果的なのですが、私は黄味が弱い肌色をしているので、グリーンを選択しました。

 

ポツッとできた大きなニキビは、ニキビ用のコンシーラーをやさしく塗って目立たないようにします。ここまでの段階でカバーできているので、カバー力の低いパウダーファンデーションでもOK。これで、ニキビを化粧で悪化させることはなくなりました。

 

頭痛薬が効かない人におすすめなのが頭痛サプリです。妊婦の便秘解消なら青汁がおすすめ。